太らない食生活に変える!和食と工夫でリバウンドしないようキープする

今回は食生活についての変化を書いていきたいと思います。私は食べ物の好みが体重増加の原因でした。これをどんな食生活に変えたのかご紹介します。

ダイエット前の食生活

ダイエット前、自分はどんな料理を好んでいたか思い出してみます。

から揚げ、オムライス、カレー、総菜パン、クリーム系のパスタ、お好み焼き、焼き肉、ピザ、ハンバーガー、グラタン、・・・・

うわっ。いかにも太りそうな、洋食が多くこってりとした料理が並んでしまいます。

間食についても

ポテトチップス、スナック菓子、チョコ、クッキー、ケーキ、アイス・・・

こちらも同じように、いかにも太るしかないラインナップです(笑)

そして、食べていた量についても、オムライスは大盛り、カレーはおかわり絶対、ハンバーガーは2個といった感じで、標準的な方よりもちょっと(?)多かったと思います。

これはもう、なるべくしてなった78㎏ですよね。いや、むしろここで止められて良かったと思うくらいです。

と、いうことはつまりは、私が体重増加していった原因食生活と、いうことなんです。

短時間で作ろうと重いメニューを選んでしまう

食事の用意を短時間で済ませたいという理由も、太る食生活に繋がっていたと思います。

仕事で用意の時間が遅れたりすれば、自分も疲れているし、何より早く作らなければと焦り、手早いものに手が伸びてしまいます。

例えば、揚げるだけで出せる冷凍のコロッケやフライなど、揚げ物を出すことも多かったです。

考えずにさっと作れるからという理由で、パスタ、カレー、オムライスなどに、野菜サラダを合わせるだけといった食事を、連日出してしまうこともよくありました。

理想としては、肉と魚と交互にメインにしようと心がけてはいたのですが、買い物に行きそびれれば肉ばかりが続いてしまうような時もありました。

偏りがちなメニューは、こういった私の食事の用意に対する意識の低さが、理由だったと思います。

スポンサーリンク

ダイエット後の食生活

では、-18㎏のダイエットに成功した後の、現在はどんな食生活になったでしょうか。

現在は、低カロリーな和食中心になりました。豆腐や豆類の使用を増やし、なるべく煮ものや甘酢漬けといった、日持ちのする料理をして作り置きもしています。

作り置きの良いところは、焦って用意せずとも冷蔵庫に1,2品余裕が出来ることです。今日また1品多めに作って残りを冷蔵庫に入れておけば、また明日以降も余裕をもって出すことが出来ます。

けれど、「また同じ料理だ」と飽きないようにアレンジを加えるように、以前よりも食事に手を掛ける事を心掛けています。

もう一つ、素材を生かして食べるというのが増えました。生で食べる、焼いて食べる、煮て食べる、蒸して食べるというシンプルな調理法です。

ソースとあえてとか、小麦粉を振ってとか、油で揚げてとかしなくていいわけです。

焼いて塩を振るだけ、煮てポン酢を掛ける、蒸して醤油を少しつけて食べる。余計な油や味付けを使わず、素材の美味しさが良く分かります。

野菜スティック、きのこのホイル焼き、蒸し玉ねぎの醤油かけ、海老のボイルにヨーグルトソースかけ。

どれもお手軽で調理が早い!! 簡単に出来るし低カロリーです。

こういった食事作りの変化のおかげで、体重が維持出来る食生活を送れています。

絶対食べないではなく、たまには食べる

洋食も好きなままなのですが、連日食べるなどといった事は無いです。摂取は大幅に減ったと思います。

好きなものを「絶対に食べない!」などと決めてしまうと、ダイエットを苦痛に感じてしまうので、それはしません。どうしても食べたい時は食べます。

現在は、ダイエット中ではなく体重維持を目的としているだけなので、何を食べてもいいのですが、出来るだけ一か月以上は空けて大好きなオムライスも食べてます。

間食に関しても、同じく食べないで我慢するということはしていません。ダイエット中も食べても支障にならないものと量で食べてました。

少量ですが、チョコレートは毎日食べてました。ただ、ケーキだけはあまり口にしてないです。以前は生クリームが大好きだったんですが、ずっと食べていなくても食べたいと思わなくなりました

カロリー計算を毎日していると、自然と材料個別のカロリーも覚えるので、カロリーの高いものは使用が減っています。買い物の時点で、肉はこの部位のほうがカロリーが低いなどと判断して購入していくようになるからです。

そして、高カロリーなものも、工夫して利用出来るようになりました。

例えば、マヨネーズについてですが、野菜のマヨネーズ合えなど、美味しくて手軽に作れるので食卓に出したいです。しかし、マヨネーズをそのまま使うと高カロリーなので、水切りヨーグルトで半分割ってカロリーダウンさせたり、豆腐マヨネーズという豆腐とオイルで作るものを代用したりしています。

食べる量についてもですが、摂取量を抑えてダイエットしたので、少なく食べることに胃が慣れたのだと思います。ダイエット3ヶ月くらいから、思い切り食べようと思っても食べられなくなっていました。外食しても、普通かミニサイズの品を注文するようになりました。以前は、ミニサイズのメニューがあることさえ知らなったです(笑)

このように、好きなものも食べるけれど、期間を空けて少な目にしておくというルールで食べていけば、リバウンドに繋がらずキープできていけるのではと考えています。

おわりに

今回は食生活の変化についてご紹介でした。

今まで重い食事が好みであったことに加え、食生活への関心の低さから手軽なものを選んでいたのが、78㎏にまで膨れてしまった原因でした。

ダイエットで太りそうな食事も作り方を工夫することで、カロリーを減らせることも覚えました。素材のままのシンプル調理でも、こんなにも美味しいと思えるようになりました。

40歳を過ぎても生活は変えられるし、勉強することもたくさんありますね。

また、調理の工夫方法なども書いていきたいと思います。