【ダイエット7週間~8週間目】初めて体験した一週間の停滞期

前回は、ダイエット前とダイエット後の食生活の変化についてご紹介しました。今回はダイエット7週間目~8週間目の様子を書いていきたいと思います。

【7~8週間目】

前回の結果について

今回もダイエットの方法は変わらず、カロリー計算と1日40分×2回のウォーキングです。

前回、2週間分の成果は-2.3㎏、開始から9月23日までのトータルは-6.1㎏という結果でした。ダイエット1ヶ月の時点では-3.6㎏なので、自分としては良い内容で進んでいると思っています。

それしか落ちないの?というご意見もあると思います。多分、運動を増やせばもっと早く結果も出るはずです。

けれど、自分に無理をしたダイエットはしたくないんです。

長く運動をしていない生活なので、急激に動かせば体に影響が出るのは目に見えています。もちろん、この時点まででもウォーキングだけなのに、足のあちこちに痛みが出ていました。

そういったことを考え、この段階では無理に動かすよりもまず体重を減らし、長期間かけて体を徐々に運動に慣らしていくほうが良いと思いました。なので、私はこの結果で大満足でした。

それでは今回も記録を見ていきます。

体重・体脂肪の推移をグラフで

9/23 71.7㎏→10/6 70.4㎏ 2週間で-1.3㎏、開始から10/6までのトータルは-7.4㎏です。体脂肪率は当初40%超えていたのが37.4%に下がりました。

2週間の感想

前回2週間分で-2.3㎏というのが今回-1.3㎏止まりになっています。同じことをしていたはずなのに成果が半分ほどです。

9/23~9/26に少し増加したのかと思うと、9/28~10/6まで多少の増減はあってもずっと70㎏です。1週間どうして体重が変わらないんだろうと、やきもきしていました。けれど体脂肪率のほうは、緩やかですが日を追うごとに下がっています

体脂肪率が下がれば確実に脂肪は減っている!

体脂肪が下がっていれば、少しずつでも脂肪は消費されていってるわけです。

では何が増えているのか。

それは多分筋肉量も増えてきたのではと思います。ウォーキングにも慣れてきて、早く歩いても息が楽になりました。この当たりの期間から歩き方が早くなったので、少しずつでも筋力がついてきているというのもあると思います。

脂肪よりも筋肉のほうが重いので、脂肪が減っても体重が変わらなかったり、増えたりします。

それ以外にも、増える理由は水分です。

飲み物以外でも食べ物の水分量で、1㎏程はいつも増減があるわけです。こういった停滞期でも気にせず同じように毎日を過ごしていれば、また体重が落ちていくようになります。

そうは言っても、現在は落ち着いて判断できますが、当時は焦るばかりでとても落ち着いてなんていられません(笑)

こういう時こそリバウンドしやすいというのが、よく分かります。

スポンサーリンク

停滞期は何度も訪れる

このような停滞期と呼ばれる期間は、短いものから長いものまで、何度か体験することになりました。

この時初めて1週間以上続いたので凄く心配になり、書籍を読んだり、ネット検索をして他の方の体験を読み回りました。

長い方は1ヶ月以上も続いたりしているようです。私はそこまで長いのは経験していませんが、きっと不安でたまらなかったのではと思います。

体の仕組みについては、見た目で分かることではないので、気にしてもストレスが溜まるだけです。出来るだけ考えないようにします。

あまりにも気になるならば、体重も毎日ではなく3日とか1週間に1度量るようにしたほうが良いです。

毎日体重を量るのは、小刻みな変動を記録して理解したいからなのですが、上記したように筋肉や水分などで多少の増減もあるので、毎日ではなくても十分だと思います。

摂取カロリーは1500kcal以内と決めていましたが、私はイライラすると甘いものが欲しくなってしまうので、何度かカロリーオーバーしてしまうこともありました。停滞期が長かったのはそのせいでもあります。

やはりリラックスしながらのほうが、良い結果に繋がると思います。

おわりに

こうして8週間目を終えて、体重は-7.4㎏で78㎏→70㎏台となりました。落ちる速度がダウンした感じですが順調にいっていたと思います。

しかし、70㎏→60㎏になるにはこの時よりも大変だったなぁと感じています。

またそのことも書いていきたいと思います。