ダイエットと家族*協力とは?痩せたいのは私だけ

前回は、ダイエット7~8週目の初めての長い停滞期についてご紹介しました。今回はダイエット中の家族とのことについて書いていきたいと思います。

ダイエット宣言

私は4人家族ですが、現在子供2人は他所で学生をしており、旦那と2人暮らしです。ダイエットは、帰省していた息子の一言をきっかけに始めました。

私が突然ダイエットを始めた理由
私が重い腰を上げてダイエットを本気で決意したのは、ある事がきっかけでした。 家族も「え?一体どうしたの?」と言うほど意外だったと思います。

ダイエットを開始しても、暫く家族には黙っていました。確か一ヶ月程は、誰にも何も告げずにいたと思います。

黙っていた理由は、やるとは決めたけど自分でも続けられるか分からない。ビックマウスになるのでは?という気恥ずかしさからです。

一ヶ月経った頃、娘が帰省してきたのと同時に成果も出ていた頃なので、丁度良い機会かなと思い旦那と娘に話しました。

2人共もちろん驚いてましたよ。あれだけ「ダイエットはしない!!」と豪語してきた私が、いつの間にか3㎏以上もすでに痩せているというのですから、当然ですよね。

「すごいね、まだまだ頑張ってよ!!」と応援してくれて、「何故もっと早くやらなかった」と笑われました。

話したんだから、応援=協力してくれるはず。そう気楽に思ってたんですが、これがそうでもなかったんです。

ダイエットは夫が一番の敵!?

ダイエット中ということは知っているはずなのですが、何故か自分の食べているおつまみなどを、「食べない??」と言って勧めてきます。

私も最初のうちは「うん、止めとく」と返事しますが、毎日のように聞かれると「食べる時は自分で食べるから!!!!」と語尾も荒くなります。

突然ダイエット始めたから今まで通りにしないで欲しいって、まぁこっちも勝手なこと言ってるのは分かってるんですけど、ついイラッとしちゃいます(笑)

食べ物が目に入っても、考えないよう努力する事だけで精いっぱいなので、出来るだけ触れないでおいて欲しいのです。説明するとその場では納得してくれるんですが、翌日また…といった繰り返しで、「食べないの?」とずっと言われてました。

多分、旦那としては自分だけ食べているのが心苦しいし、一人で食べるのでは楽しく感じないのだと思います。一応聞いておかないと…というつもりで尋ねてくるのでしょう。

優しく気を使ってくれているようですが、悪魔の誘いでしかないです(笑)

スポンサーリンク

家族はダイエットしていない

カロリーの事を考えるので、高カロリーなものは代替え品を使って料理することもあります。

例えば、高野豆腐に肉を巻いて焼いてタレで味を付けることで、厚切り肉のようになります。丸ごとお肉ではないのでカロリーダウンですし、高野豆腐は大豆で出来てますから、タンパク質も豊富です。

食事はこういったものを取りいれて作るのですが、初めは「へー、全部お肉みたいだね」とか言ってくれるのですが、何回もこういった代替えが続くと変わってきました。「たまには普通のが食べたい。」

そりゃ当然です。旦那はダイエットしてないんですから。

旦那はダイエットなど必要ない体型なので、ちゃんと食事量が減らないよう品数も足して出してたのですが、やっぱりメインが代替えだとこう言われちゃんです。

仕方ないのでメインはあまり代替えにせず、私は量を食べないようにしたりしていました。2人暮らしなのに、なんだかとてもたくさん料理をしていた気がします。

こういった事を考えると、私は子供達が同居だったら、とてもダイエットには成功しなかった気がします。子供が小さい時もきっと続かなかったでしょう。

多分、子供達のほうが「痩せたいなら自分だけでやって」とストレートにきつく不満を言ってくると思います。普段と違う生活は、ダイエットなどしていない家族にとっては苦痛なのは当然ですよね。

家族の協力とは?

そもそも、ダイエットに協力ってなんでしょう。

一緒にダイエットをするなら、同じことを一緒に頑張ればいいのですが、痩せたいのは私一人なのです。私はこの点を、間違って捉えていたのだと思います。

旦那の行動を、何で協力してくれないの?とイライラしましたが、旦那は気を使ったり食べたい物を言っただけなんです。普段の生活と変えてしまったのは私なのに、イライラするのは自分のことしか考えていなかったからなんです。

旦那は、痩せれば「良かったね」とその都度喜んでくれるし、ダイエットの方針について口を出してくるわけでもないし、落ち着いて考えれば協力的であったのだと思います。

しかし、ダイエット中はそんなことには全く気が回らず、些細な事のほうが目に留まりイライラしていました。体重の落ちていかない時は、尚更です。

制限をして生活をするというストレスはこんなにも大きかったのだなと、今は良くわかります。

愚痴のような話をずらずらと書きましたが、そんなつもりではないんです。

自分一人ではなく家族で暮らしてるのだから、こういった事は我慢でも文句でもなく、お互いが譲り支え合わないといけない部分だと思っています。

もしも逆の立場なら、私も同じように口や手は出さなくとも合わせて生活をするのですから。それが、家族の出来る協力だと思います。

ダイエット中はイライラして、ついこういったことは忘れがちなので、ぜひ書いておきたいと思ってました。

ダイエットが無事成功出来て、旦那にもとても感謝しています(笑)