ダイエット中でも食べるお菓子のこと

今回はダイエット中でも食べたいお菓子の話を、紹介していきたいと思います。

断れない菓子折り

ダイエット中、いつも困ったなと感じていたもの。それは、何かのついでに戴いてしまうお菓子でした。久しぶりに会ったお友達、ご近所の集まり、仕事で回った先々で…。いろんなタイミングで断れず戴くことがあります。

ダイエット中であることを打ち明けても、「またまた、ダイエットなんて必要ないでしょ~」などと言われ、その上余計持たされることもありました。

私の性格的な問題もあるのでしょうが、気遣って用意してくれているのに受け取らないというのも、失礼になると思うと強く断れません。最終的には戴いてしまうことになります。

もちろん、捨てるなんてことは出来ないので、他の方に配らせてもらっています。とは言え、それも限界が…。仕方が無いので残りは自分で消費することになります。

うちは子供が現在同居してないし、旦那は甘いもの食べないし、消費するのは私だけなんです。ダイエット中は、頑張って消費しても1日クッキー1枚程度です。30枚入りの箱で戴いて、1ヶ月掛りました(笑)

クッキー1枚のカロリーは、約50kcalくらいあります。

お土産で戴くような洋菓子店の高級クッキーだと、バターがたっぷりですし、さらにカロリーもあるはずです。チョコやクリームもついているともっとカロリーも上がっているはずです。

これを1枚ではなく、もしも3枚も食べてしまうと、ご飯100gと変わらないカロリーになってしまいます。

何とかこの誘惑に負けないようにしながら、少しずつ戴いたものを消費することもありました。

スポンサーリンク

お菓子も必要

しかし、ダイエット中にお菓子を食べるというのは、悪いことではないと思います。むしろ、食べたほうが気持ちも楽になるので良い思います。

必要以上に取り過ぎることは、もちろんいけません。私はカロリーを決め、ほぼ毎日食べてました。

ダイエット中は、1日の摂取カロリーを1500kcalと決めていました。

朝食300kcal+昼食500kcal+夕食600kcal+間食100kcal=1500kcalです。この範囲内で調整して、昼食を食べすぎたら夕食を減らすなどとしていました。

間食についての100kcalはおまけのようなものなので、基本食べないで済めば他の食事で栄養を取りたいので、そのほうがいいのですが、気持ちに余裕を持たせる為の予備の100kcalです。

食べるものによっても、体への影響も違うと思います。私が食べていたのは、クッキー、チョコレート、おまんじゅう、ゼリーやヨーグルトなどです。油分や脂肪分の多い、ケーキやポテトチップス、スナック菓子などは全く食べてませんでした。

特にチョコレートには、カカオに含まれる豊富な栄養素や、ダイエット効果も期待出来るようなので、頻繁に取っていました。

けれど、砂糖を多く含んだり、他の植物油脂を混ぜたような商品は逆効果になってしまいます。カカオ70%以上のビターで、他の植物油脂を使用していない商品を購入しています。

自分で作ったほうが低カロリー

市販のものはカロリーが高くなりがちなので、クッキーやゼリーなどは自分で作ったほうが、カロリーを抑えられるので安心して食べられます。

クッキーは小麦粉の30%をおからやふすま粉などに置き換えると、それだけで糖質やカロリーダウンが出来ます。

クッキーのレシピは、多くが油分はバターとなっています。それを体に良い良質な植物油に置き換えれば、体に良い効果も得られます。

良質な油とは、ココナッツオイルやアマニ油といった、不飽和脂肪酸を含んだ油です。油は太るからと言って取らな過ぎると肌や胃腸、脳にまで影響があるようなので、ダイエットでは特に気を付けたい部分です。

ゼリーはゼラチンの他に、アガーを利用して作っています。

ゼラチンは動物性コラーゲンで出来ているものですが、アガーは海藻類から抽出さたものが原料の商品です。ゼラチンには美肌効果などがあり、アガーには便秘解消といった利点があります。

どちらで作る場合も、中身にフルーツやあんこなどといった具材を沢山入れてしまうと、カロリーが上がってしまうので、気を付けたほうがよいです。

私はフルーツなど具を入れるというより、コーヒー、紅茶、ヨーグルトやジュースなどを使い、具材の無いゼリーを作っていました。

水で作ったゼリーでダイエットというのも流行っているようですが、私は少しは甘味も無いと息抜きにならないので、影響のない程度に甘味はちゃんとつけました。

 おわりに

我慢をしているという意識は、ダイエットの邪魔になると思います。私は、少なく食べるけれど我慢はしていないというほうが、リラックスしてダイエットの効果を得られたのではと思っています。

無理をしないダイエットでお互い頑張りましょう。