【低カロリーレシピ】小麦ふすまのクッキー

ダイエット中に食べていた低カロリーなメニューをご紹介します。今回はさくっと食べられるふすま粉を利用したクッキーのレシピを紹介したいと思います。

ふすま粉について

ふすま粉というのをご存じでしょうか?私はダイエットを始めるまで、全く聞いたこともないものでした。

「ふすま」というのは小麦粉の皮の部分のことで、小麦ブランと呼ばれたりしています。小麦ブランのほうがシリアルなどで目することがあると思います。

【北海道産】【国産】(粗挽き)【小麦ふすま粉 1kg】(チャック付き)【北海道産】 【RCP】 【10P23Aug15】

価格:531円
(2017/7/8 09:16時点)

この皮の部分である「ふすま」ですが、食物繊維、カルシウム、鉄分など栄養素が豊富に含まれ、腸内環境を良くしたり美肌などのデトックス効果が期待できます。しかし、残念ながら小麦粉に精製されるとき、この皮の部分は取り除かれてしまいます。

小麦粉は皮と胚芽を取って粉にするので真っ白で、栄養素はでんぷんが主になります。(全粒粉は皮も胚芽も含んでまるごと粉にするので、小麦粉よりは栄養素も高いです)

小麦粉のでんぷん=糖質なので、炭水化物ダイエットや糖質制限の場合、小麦粉を避けるということになるのです。

私は麺もパンも大好きなので、小麦粉を全く食べないというダイエットはしたくありません。そこで、減らす方法で食べられるものを探しました。ふすまはその「小麦粉を減らす」に最適でした。

ふすまには糖質も脂質も含まれていないので、小麦粉を使用している一般的なレシピでも、一部をふすま粉にすれば摂取出来る栄養素も増え糖質を減らすことが出来るのです。

自分で作るお菓子なら油分も調節できますし、安心して息抜きのおやつを食べれられますね。それでは、そんなふすま粉で作る簡単クッキーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【くるみのふすまクッキー】約18個分

材料&カロリー

  • ふすま粉          20g    72kcal
  • アーモンドプードル   10g    59kcal
  • 薄力粉           70g        257kcal
  • シナモン        1g       4kcal
  • グレープシードオイル  20g    184kcal
  • メープルシロップ     大さじ1(18g) 46kcal
  • 水          大さじ1     0kcal

合計622kcal( 1個あたり34.5kcal)

カロリー算出:出典 日本食品標準成分表2015年版(改七訂)
       ふすま粉のみ商品購入先であるユウテック
       ふすま粉販売ページより引用しました

作り方

<調理>

  1. ボウルにふすま粉、アーモンドプードル、薄力粉を入れて泡だて器でよく混ぜます。粉類が混ざったらくるみも入れて混ぜます。
  2. 1にグレープシードオイルを入れます、オイルを含んで粉が玉状になりますから、それを練らないように気をつけながら両手でこすりつぶし、粉全体にオイルがいきわたるよう混ぜていきます。
    メープルシロップと水も加えて混ぜます。同じく練らないようさっくり全体に混ぜます。
  3. 2を少量つまみとり手で丸め、両手のひらでつぶし成形します。1つが直径3㎝ほどになる量で約18個分です。何度も丸め直したりしないほうがいいです、一回で成形できたほうがさくっと出来上がります。
  4. 余熱した170℃のオーブンで30分焼きます。取り出し、粗熱が取れたら完成です。

<アレンジ>

アーモンドプードルは少しでも薄力粉の分量を減らす為と、さっくり感が出るよう入れています。無い場合はふすまか薄力粉を増やしてください。
シナモンの代わりに生姜(おろして水の分量を加減して下さい)を入れても代謝を高めて美味しいです。
加熱しても酸化しにくいグレープシードオイルを使いました。他にこめ油やなたね油も良いと思います。

 おわりに

いかがでしょうか。さくっと食べれて美味しいです。紅茶やコーヒーなど水分と合わせて食べたほうがお腹で膨れ満腹感があります。ぜひ試してみて下さい。

間食は出来るだけ取らないほうが良いのかもしれませんが、ストレスを溜め込むくらいなら気分転換の為に食べたほうが良いと私は思っています。実際、食べてても制限カロリー内なので大丈夫でした。

ただ、少量で我慢しておくことが重要なので、ここが一番難しいところです。私も誘惑に負けないよう食べる分だけ出して、あとは見えないように棚の出しにくいところに閉まったりしています(笑)

味わって、ゆっくり食べてリフレッシュしましょうね。