チーズ好きさんのダイエットはカッテージチーズがおすすめ

牛乳をそのまま飲むのは大嫌いな私ですが、チーズが大好きなんです。

パンでもハンバーグでも、チーズ掛けしてある料理を選んでしまいがちです。

「だからこうなったなのか…」と、自分の腹回りを撫でてしまいますが、そもそもチーズって太りそうなイメージですが、本当に太るのでしょうか。

チーズについて

プロセスチーズとナチュラルチーズ

手軽に食べられるチーズとしてよく売られているのは、プロセスチーズ類です。パンやサラダにペラッとのせるスライスチーズや、4個や6個の食べやすいサイズに小分けに成形されている商品です。

これらは加熱されて加工しているので乳酸菌が生きていない状態です。

チーズは他に、ナチュラルチーズ類があります。こちらはカマンベールやモッツァレラなどのような、形状も味も様々なチーズです。

これらは発酵させて作っているので加熱しておらず、乳酸菌が生きています。

成分の比較

それぞれの成分をグラフにしました。

カロリーと脂質はパルメザン、たんぱく質はプロセスチーズが一番高いですね。

パルメザンはナポリタンにたくさん掛けたいところですが、ダイエットの際には気を付けたほうがよさそうですね。

乳酸菌とたんぱく質

乳酸菌は腸にとって活動促進、消化吸収や免疫を高める大事な働きをしてくれるので、ダイエットはもちろん病気の予防にも役立ちます。

たんぱく質は筋肉や、内臓や髪や歯といった体を作るのに大事な役割をします。そして活動していくためのエネルギーや、血液、酵素、ホルモンなどとしても必要な栄養素です。

そして乳を固めて作るので、動物性のたんぱく質です。植物性たんぱく質では取れないアミノ酸も含まれています。

このように乳酸菌もたんぱく質も、どちらも体に取り入れたい大事な成分です。

スポンサーリンク

カッテージチーズがおすすめ

乳酸菌を生きたまま取り入れられるのはナチュラルチーズです。たんぱく質はプロセスチーズよりは少ないですが、カマンベールも高いです。

しかし、上記表の脂質のところを見ると他の物は同じくらいなのに、カッテージチーズはとても低いことが分かります。

カッテージチーズとは、熟成させずに作るフレッシュなチーズです。家庭でも作れるチーズです。牛乳と、レモンやお酢などの酸と混ぜることで固まります。

meijiさんのHPに詳しいレシピがありました。

明治の食育。食を知り、学び、楽しむ。カラダのため、心の豊かさのため。明治は、お客様の食育をサポートします。

私も同じようなやり方でカッテージチーズを作っています。

作ったカッテージチーズでトマトサラダを作りました。

スライストマトを並べて、カッテージチーズと玉ねぎのみじん切りを散らし、バジルソース少量と塩胡椒をふりました。

せっかくのサラダを用意しても、ドレッシングでダボダボしてしまってはダイエットにならないので気を付けたいところです。

カッテージチーズはクセのないチーズであっさりと食べられます。サラダやディップのほか、チーズケーキ作りやひき肉と混ぜて調理してカロリーダウンさせることも出来ます。

カッテージチーズをお家で作る時は一度にたくさん作らず、冷蔵庫で2,3日のうちに食べきったほうが良いです。

おわりに

チーズには糖質が含まれていません。栄養素も高いですから、取ったほうが良い食べ物だと思います。

ただ、塩分も気になるので量をたくさん取らないようにして、バランス良く食べることを心掛けたいです。