【ダイエット17週間~18週間目】4ヶ月間の推移

前回、15~16週目はダイエットが楽しいと感じられるくらい痩せるペースが続きました。その後、17~18週目はどう変化があったかご紹介していきたいと思います。

【17~18週間目】

体重・体脂肪の推移をグラフで

12/2 63.9㎏→12/15 62.2㎏ 2週間で-1.7㎏、開始から12/15までのトータルは-15.8㎏です。体脂肪率は当初40%超えていたのですが32.6%まで下がりました。

開始から4ヵ月目の12/10時点でも-15.8㎏達成です!! 目標の59.89㎏まではもうあと2.4㎏です。

感想

11月から順調に痩せることが出来ているので、問題なく過ごせていました。ただ、この後に控えている年末年始のことをとても気にしていたので、その影響もあると思います。

クリスマスあたりから子供達や来客が訪れ、豪華な食事になっていくことは目に見えています。その時の食生活をどうしたらいいのだろうと心配でした。

1日1500kcalを上限摂取としているのですが、今のうちに痩せておかないと!!と、気にし過ぎてしまい、1100kcal程度までしか食べずに終わらせてしまう日もチラホラありました。

減りはしたものの、このようなストレスをかけて食事を減らして痩せるのは、リバウンドに繋がるので避けたいです。

ダイエットと年末年始。上手く過ごすのは難しい課題ですね。

スポンサーリンク

開始からここまでのダイエットの成果

2週間ごとの体重の増減

今までこのブログのダイエット日記では、2週間ごとの様子をご紹介してきました。(開始を除いて)

約4ヵ月間の2週間ずつの体重の変化を表にしてみました。

どの期間もおおむね2㎏弱程度は減っているにもかかわらず、9/23~10/6は1.3㎏、10/21~11/3の0.3㎏減と他に比べと減りが少ないです。

10/21~11/3が「第一次停滞期」9/23~10/6が「第二次停滞期」ということです。

そしてその後の期間が、10/7~10/20、11/4~11/17のどちらも2.5㎏と2㎏とグッと体重が減っています。

停滞期はホメオタシスという人体に備わっている、体を維持しようとするセーブ機能が働き体重が落ちなくなるのですが、体が大丈夫だと認め機能が解除されると、その後このようにグッと下がることが出来ています。

このような停滞期はあるとしても、2週間ごとに2㎏弱減らせていけているのは、とても好調なダイエットになっていると思います。

実践したこと

改めて書きますが、このダイエットで行ったのは

  1. 毎日40分×2回(1回約3.5km)の犬の散歩を兼ねたウォーキング。
    雨の日はバランスボールに座り、座ったまま上半身を歩くように動かす運動
  2. 食事のカロリー計算と記録 1日1500kcal上限。
    炭水化物・糖質は特に制限を決めずカロリー範囲内で取るか取らないかを調整
  3. 起床後すぐの体重と体脂肪率の測定と記録

こちらの3点です。

目標は体重を落とすこと

私のダイエットの目標は、くびれさせたり細く見せたいというようなボディラインを整えるダイエットではなくて、単に体重を標準とされる数値まで下げることです。なので、筋トレや部分痩せをしたいという希望はありません。

そういったものを目標にするのは、まずは体重を落として60㎏より減ってからと考えていました。

60㎏と70㎏以上というのは、体を動かすにしても負担がかなり違うからです。体を動かしてみると自分は軽くなったのだということが、とても実感できます。

不安定な足場だと、以前は体の重さでバランスを崩し足を捻って痛めたりもしましたが、体重が減ればすいすいと移動ができるようになりました。

体重が重いうちに負荷をかけて、弱い足腰で怪我をしてしまうより、まずは体重を減らしてからスタイルや筋力のことを考えれば良いのではないかと思います。

しかしスタイルは後回しと言いながら、体重が減っただけでウエストも相当減らすことが出来ていました。これは常に記録はしていなかったのでアバウトなのですが、82㎝あったのがこの時点で74㎝くらいになっています。

内臓脂肪が取れている証拠ですよね。

このような点から体重も体脂肪率も順調に落ちているので、私にはこの方法で良かったのだなと実感しています。

おわりに

一時的な山はありましたが順調に進められてきたこのダイエットも、目標まであと2.4㎏のところまできました。

この後の年末年始のイベントをどう過ごしていったのか、また書いていきたいと思います。